タクシードライバーとして働く際、英会話のスキルが有利に働くことをご存知ですか?タクシードライバーは職業柄、接客技術も必要なためです。

英語ができれば外国からのお客様を乗せたときにも、円滑にコミュニケーションをとれます。この記事では、英会話ができるタクシードライバーの強みをご紹介します。

タクシーとハーフの男性

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

英会話ができるタクシードライバーの利点

どうして、英会話ができることは接客においてプラスになるのでしょうか?以下で詳しく解説していきます。

訪日外国人の増加

2020年に開催を控えていた東京オリンピックの影響で、日本文化に対する興味関心が高まり、外国人観光客の数は増加傾向にあります。

したがって、今後の訪日外国人のタクシー利用率も増加見込みで、英語ができることで日本人のお客様だけでなく外国人のお客様も呼び込めるので、給料アップに繋がります。

初乗り料金の値下げ見込み

日本のタクシーの初乗り運賃は外国に比べて高く、外国人観光客の需要が高まることを見込んで、料金の引き下げがおこなわれる見込みです。

これにより、外国人のタクシー利用のハードルが大きく下がるため、タクシードライバーには英語力が求められる可能性が高くなります。

外国人を乗せたときのトラブルの対処ができる

タクシードライバーは接客業という側面を持つため、場合によってはお客様との間にトラブルが発生することもあります。

例えば、「指定された行き先を間違っていたのに気づかず、言葉がわからないため料金を払ってもらえない」などといったことが起こった場合でも、相手とコミュニケーションをとることで解決できる確率がぐっと高くなります。

また、トラブル以外にも日本文化について解説したり、おすすめの観光地や飲食店を紹介したりすることもできるので、リピーターの獲得に期待が持てます。

緑の前でガッツポーズをする男性

おわりに

いかがでしたでしょうか?タクシードライバーになるうえで英語が話せることは大きなメリットであることが理解いただけたと思います。

もし英会話ができ就職や転職を考えている方は、タクシードライバーとして活躍することを考えてみてはいかがでしょうか。

横浜無線グループでは正社員ドライバーを募集しております。ご応募の際は下記ホームページか、電話番号からぜひご連絡ください。

横浜無線グループ採用ホームページ:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen_men/

横浜無線グループ電話番号:045-753-7623

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!