タクシードライバー。皆様はこの職業にどんなイメージをお持ちでしょうか?

一昔前のきつそう、大変そう、などという少しネガティブなイメージを持ってらっしゃる方もいるかもしれません。しかし近年では、タクシードライバーは『歩合制だから働いた分だけ稼ぐことができる』『社内勤務じゃないから人間関係を気にしない』などの魅力があり、20代の若者にも人気が出てきた職業です。

そんなタクシードライバーになるには、どうすれば良いのでしょうか。

今回はタクシードライバーになるために必要な資格や試験について、詳しくご紹介していきます。

車両の前でガッツポーズをする男女のドライバー達

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

タクシードライバーになるまでの一連の流れ

まずは、タクシー会社に勤めてからタクシードライバーとしてデビューするまでのプロセスについて、軽くご紹介していきます。

会社説明会への応募・参加

タクシー会社では、会社説明会を随時開催しているところが多いです。

会社説明会では「採用条件」「仕事内容待遇」などについて丁寧に教えてくれるので、ぜひ参加することをお勧めします。

横浜無線グループ会社説明会ページ:https://shouei-group.net/info-cat/session/

面接をうける

入社したい会社に応募後、面接へと進みます。一般的な企業と同じような面接なので履歴書や運転免許証などを用意していきましょう。

研修をうける

入社後はタクシードライバーになるための研修を受けることになります。運転技術に関する研修から、タクシー乗務員としてのマナーや接遇についての研修を行います。

タクシードライバーデビュー

研修をすべて終えると、晴れてタクシードライバーとしてデビューすることができます。

タクシードライバーになるために必要な資格および試験

タクシードライバーになるためには、普通免許を持っているだけではなれません。タクシードライバーになるためにはどのような資格や試験が必要なのか、ご紹介していきます。

普通免許(普通自動車第一種運転免許)

車を運転することが仕事になるので、普通免許は必須です。会社の採用条件として「普通免許を所持してから3年以上経過していること」であることが一般的なので、普通免許を持っていることが大前提になります。

普通第二種免許(普通自動車第二種運転免許)

営業目的での運転の場合は、普通第二種免許の取得が義務付けられています。普通第二種免許を取得するには「21歳以上で、普通免許を取得してから3年が経過していること」が条件になります。

地理試験

東京や神奈川などの中心地では地理試験の合格が義務付けられている場合があります。地理試験では主要施設や主要幹線道路、指定された目的地までの最短ルートなどについての問題が出題されます。

横浜無線でタクシードライバーに!

タクシードライバーになるためには多くの段階を踏んでいく必要があります。一見難しいと感じてしまいますが、横浜無線ではタクシードライバーになりたい人を全力で支援しています。

第二種免許の費用は会社側で負担、地理試験合格のための研修もわかりやすく丁寧に行っています。会社説明会も開催していますので、気になった方はぜひお越しください。

 

横浜無線グループ採用ページ:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen_men/

横浜無線グループ女性採用特設ページ:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen/

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)