近年のタクシー業界は、従業員の高齢化により人手不足で、積極的に新しい人材の確保に動いています。そんな中、新卒採用が増加傾向にあることをご存知でしょうか?

今、なぜ新卒でタクシードライバーになる方が多くなっているのか。この記事ではその理由について具体的に解説していきます。

新入社員

新卒でタクシー業界に飛び込んでみたい方、大歓迎です!はじめの一歩を横浜無線でスタートして一緒に歩んでいきませんか?

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

タクシードライバーの新卒採用が増えた理由

なぜ、タクシードライバーの新卒採用が増えているのでしょうか?以下で詳しく確認していきましょう。

桜の下でポーズをとる女性

従業員の高齢化

中高年が活躍するタクシードライバー業界では、高齢化により退職される方が増え、若い世代の流入があまりないため、タクシードライバーの全体数が減っています。

そのため、昨今のタクシー業界は退職者よりも多くの若い人材を獲得することが急務です。新卒採用により、中高年よりも長く働ける新社会人を積極的に採用しています。

タクシー需要の増加

超高齢社会に向かう日本では、高齢者の移動手段として公共交通機関やタクシーが重要な役割を担います。とくに電車やバスの本数の少ない地方ではタクシーが重宝され、より一層の需要の増加が見込まれます。

働ける乗務員の数を増やすため、中卒、新卒問わず採用が増えているようです。

新サービスの登場

東京オリンピックの影響により、外国人観光客の総数は年々増加しており、今後、英語を話せる人材が必要とされるでしょう。また、GPSを利用した最先端技術の利用など、スマートサービスを取り入れていく必要もあります。

そうした状況の中で新しい情報に敏感な若い世代は、新しい技術を身に着けやすい傾向にあるようです。そういった人材を自社で教育を行うことで、安定したサービス提供を目指しています。

そのため、研修内容などが充実しており、きちんとした教育を受けられるため新卒でタクシードライバーになる方が多いようです。

芝生に書かれたスタートの文字

横浜無線グループでは

タクシー会社では新卒採用した人材を手厚いサポートをしながら自社で教育し、長期間働ける人材を獲得することが必要です。

横浜無線グループでも20代~30代の方を中心に幅広い年代の方が働いており、二種免許取得費用を全額支給研修中にも給料が発生するといった未経験の方でも安心して働ける環境づくりに取り組んでいます。

研修内容も丁寧と評判で、地理試験の合格に向けたカリキュラムなどもご用意しています。

新卒採用もおこなっております。ご応募の際は、下記採用ページの応募フォームか電話番号までご連絡ください。

横浜無線グループ正社員ドライバー採用サイト:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen_men/

電話番号:045-753-7623

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)