タクシードライバーは、中年の方が多く働いている職業というイメージが少なからずあると思います。

しかし、最近では各企業が行うドライバーの労働状況の改善への取り組みなど、ドライバーを取り巻く様々な環境の変化により、30代からの転職や、新卒での採用が増えてきました。

今回は、タクシードライバーになりたい方のために、面接で注意しなければならない3つのポイントをご紹介致します。

面接風景

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

研修中も給与が支給される安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

タクシードライバーの需要が急上昇

近年、タクシードライバーになる方が増えていることをご存じでしょうか。転職だけでなく、新卒採用も増えています。

2020年に開催される東京オリンピックの影響もあり、タクシードライバーの需要は高くなってきました。

そのためタクシー業界も変化し、充実した研修や待遇、女性採用など、タクシドライバーの採用に力を入れています。

握手をする女性

タクシードライバーの面接で注意すること

実際にタクシドライバーになりたい方のために、横浜無線タクシーの視点から、面接時の注意点について解説していきます。

面接に向かう服装についての注意点

タクシドライバーは身だしなみが重要です。制服やスーツを着こなし、お客様に不快感を与えないようにする必要があります。面接時は、スーツを着用し、ネクタイをしっかり締めましょう。

また、爪の長さ・ひげ・髪なども面接官が見るポイントです。タクシドライバーになった時のことを考え、お客様を気持ちよく迎えられるように身だしなみを整えましょう。

履歴書を書く時の注意点

履歴書は自分の熱意をアピールする大切な道具です。綺麗な字で丁寧に書くことも大事ですが、タクシードライバーになりたい気持ちを素直に書きましょう。

そのため、あらかじめタクシー業界についてリサーチすることも重要です。履歴書に書いてあることを質問されることもありますので、しっかりと予備知識をつけておきまししょう。

面接時のマナーについての注意点

面接時のマナーは、最も合否に影響するといっても過言ではないでしょう。

採用の基準は様々ですが、面接官に「あなたと一緒に仕事がしたい」と思わせることが大事です。マナーを心得ていない態度では、一緒に仕事をしたいと思う面接官いませんよね。

まだ社会のルールがわからない新卒の方でも、挨拶や受け答えをしっかりとできれば、面接時のマナーは十分クリアしていると言えます。

世の中では当たり前とされているマナーを見られますので、リラックスして面接に臨んでください。

横浜無線でタクシドライバーになろう

横浜無線では一緒に働く仲間を募集中です。詳しい採用情報は下記ホームページをご覧ください。

あなたの応募をいつでもお待ちしております。

横浜無線正社員採用サイト:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen_men/

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)