タクシードライバーは中高年の男性がするお仕事というイメージが強いのではないでしょうか?

しかし最近は、若いドライバーや女性ドライバーも徐々に増えつつあり、タクシー業界に変化が起きつつあります。今回は、そんなタクシードライバーに転職する際の難易度や知っておきたいポイントを説明していきます。

チェックをつけるスーツの男性

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

未経験者でタクシードライバーになるのは難しい?必要な資格はある?

タクシードライバーになるには、普通自動車第二種運転免許地理試験の合格が必要です。この免許を取得する方法について詳しく説明していきます。

教習所で教習を受け、技能検定に合格する

まず、免許習得までにかかる期間は約2週間~3週間(学科19時間、技能研修21時間)かかります。

費用は地域や教習所によって差がありますが、約20~25万円かかります。最後に技能試験があり、合格すると運転免許試験所で学科試験を受けることができるようになります。

運転免許所で二種学科試験を受ける

学科試験は、応用問題があり、マークシート方式で95問(文章問題90問、イラスト問題5問)に設定されています。この試験で、100点満点中90点が合格ラインです。

技能試験の合格ラインは80%で一種免許より10%高く合格点が設定されています。

お客様の命を預かる立場になる以上、当然、採点の基準は厳しくなっています。運転知識や技術を今一度見直し、しっかりと準備をして望みましょう。

地理試験とは

タクシードライバーになるには地理試験の合格も必要になっています。

地理試験はタクシー会社からの申込みが必要で、対象エリアの道路・駅・地名・著名な建造物、名所・公園、目的地などへの最短ルートの知識が問われる問題になっています。

この試験に合格することによって取得して初めて、該当地域のタクシードライバーになる権利が与えられます。

タクシードライバーになる前に知っておきたい事

タクシー会社によって、出勤方法や給与方法などが変わってきます。『完全歩合制で、集客できず全然稼げない』『日勤で働けると思っていたら、結局夜中に仕事をする事になった』などの理由で、転職してもすぐ退職してしまう人が多いそうです。

そのため、自分の働き方に合ったタクシー会社選びがとても大切です。

おわりに

タクシードライバーになるために必要なことを紹介させていただきました。求人に力を入れているタクシー会社では、二種免許費用を全額支給している会社もあります。

二種免許取得費用全額支給の横浜のタクシー会社!「横浜無線グループ」のホームページを貼っておきますので、ぜひチェックしてみてください。

横浜無線タクシーHP:https://shouei-group.net/recruit/