働き方改革により日本の労働環境を見直す取り組みが図られており、そういった取り組みの一つに時短勤務制度があります。

あまり聞き慣れない制度で知らない方も多いのではないでしょうか。メリット、デメリットを交えながら具体的に解説していきます。

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

時短勤務制度とは

「育児・介護休業法」により定められた、企業は3歳未満の子を養育する労働者に対し、一日の所定労働時間を原則として6時間以内とする短時間勤務制度を設けなければならないというものです。

つまり、一日の所定労働時間を8時間から6時間にしたものが時短勤務で、労働により拘束される時間を短くすることが出来ます。また、労働者が希望する場合には午後10時から午前5時の深夜に業務をさせてはいけないとされています。

これ以外にも、独自で短時間勤務制度を定めている企業もあるようです。

時短勤務制度のメリット

6時間の勤務で働く時間の調節ができるため、子育てとの両立が図りやすいという大きなメリットがあります。

保育園の送迎や家事をこなす時間、子供と一緒に過ごす時間を作ることができるので、働くママさんにとって嬉しい制度です。残業をしない選択もできるため、夜子供を寝かしつけた後、自分の時間を確保してゆっくり休息することもできます。

子供を抱くお母さん

時短勤務制度のデメリット

時短勤務制度は働く時間は短くなりますが、業務量は減らないことが多いです。会社によっては仕事が終わらず、やむを得ず残業をしなければならない場合も。これではせっかくの時短勤務の意義が見失われてしまいます。

横浜無線では業務のノルマがなく、時給制のため無理せず自分の決めた時間内で働くことが出来るため、そういった不安の心配をせず働くことが出来ます。

おわりに

以上、時短勤務についての解説でした。時短勤務は必要な時間を確保できる新しい働き方です。自分のスタイルに合った働き方でワーク・ライフ・バランスをとれるのはうれしいですね。

横浜無線では女性ドライバーを募集しております。時短勤務制度を取り入れており、時給制、ノルマ無し、1日4時間から勤務可能です。スタッフなら無料で利用できる企業内保育園も完備しており施設内見学も可能。仕事と育児の両立を考える女性にピッタリの職場です。ご応募の際は下記ページのお問合せフォームに入力していただくか、お急ぎの方は電話番号までお気軽にお電話ください。

https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen/

TEL 045-753-7623

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)