一時保育」というサービスをご存知でしょうか。言葉は聞いたことがあるけど、どんなものかわからないという方も多いと思います。

そんな疑問にお答えして、今回は一時保育について詳しく解説していきますね。

横浜無線では、仕事や家事、育児に忙しい従業員の方にリフレッシュしていただきたい!という思いから、社内保育園を活用したリフレッシュ保育を推奨しています!

親子

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

一時保育ってなに?

一時保育とは保護者が仕事などで子供の面倒を見ることが不可能な場合に、一時的に子供を預けられるサービスのことです。

具体的に以下の3つの種類に分類され、保護者が子供を預ける理由がそれぞれ異なります。待機児童が多い現代において、忙しいお母さんにとって嬉しいサービスですね。

非定型的保育

保護者が仕事や職業訓練などで、家庭での保育が困難な児童を預かるものです。週三日以内のパートで働く保護者を持つ子供などが対象となっています。

緊急保育

保護者が病気や冠婚葬祭などのやむを得ない理由で、緊急一時的に保育が必要な児童を預かるものです。入院や急病で保護者が倒れてしまったときにも利用できます。

リフレッシュ保育

保護者の身体的、心理的な負担をなくすために、一時的に児童を預かるものです。育児疲れの解消を目的としており、子供を持つ保護者が普段なかなか取ることができない自分の時間を確保できるありがたいサービスです。

一時保育の利用限度

一時保育にはそれぞれ利用限度があり、それぞれ下記の表のとおりとされています。

非定型的保育 週3日又は月120時間以内
緊急保育 1回に連続して14日以内
リフレッシュ保育 1回の申し込みにつき1日以内

横浜無線グループの企業内保育園でもリフレッシュ保育をおこなっており、休みの日でも週に一回お子様を預けることが出来ます。

一時保育に預けられる年齢は事業所によって異なります。認可保育所の一時保育事業の他にも、乳幼児一時預かり事業をおこなっている事業所もあるようです。

一時保育についての詳細は横浜市が案内ページを公開してますので、ご参照ください。

横浜役所ホームページ:https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/hoiku-yoji/shisetsu/hoikuseido/ichiji/ichijiannai.html

おわりに

リフレッシュ保育

一時保育、リフレッシュ保育についてご理解いただけたのではないでしょうか。横浜無線グループでは女性ドライバーを募集しております。社員の方であれば企業内保育園を無料で利用できるため、育児との両立を目指す働くママさんにぴったりな職場です!ご応募の際は下記ホームページか、電話番号からご連絡ください。

横浜無線グループ女性ドライバー採用ページ:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen/

電話番号:045-753-7623

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)