街中で、早朝から夜中まで見かけるタクシー。一日中走っているように感じるタクシーのドライバーは、どのような休日の取り方をしているのでしょうか。

今回は一般的なタクシー会社の休日の取り方に触れ、横浜無線で導入している制度についてご紹介していきます。

肩車をする父と子

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

一般的なタクシードライバーの休日

タクシードライバーには「日勤」「夜勤」「隔日勤務」の3つの勤務形態があります。そのうち日勤と夜勤の場合は、一日の中で8時間働いて週に2日程度休日を取るということが一般的です。

隔日勤務はタクシー業界特有の勤務形態で、1日19時間から21時間までの勤務時間があり勤務終了後は20時間以上の休息をとるというものです。

そのため隔日勤務のタクシードライバーは、一日働いて一日休むということを繰り返しており1か月の半分以上が休日になります。

クエスチョンマークの女性

なんで土日に休みが取れるの?横浜無線の社員に寄り添った制度

横浜無線には、一般のタクシー会社とは少し異なる部分があります。

タクシードライバーが定期的に休むことができる働き方を取り入れているため、土日に休日を取りやすくなっています。ここでは、横浜無線グループで勤務するタクシードライバーの休日についてご紹介します。

ピースをする女性タクシードライバー

連休ありの週休二日制

横浜無線グループには、他の会社と違い「隔日勤務」がありません。そ

のため、連休ありの完全週休二日制を導入しています。タクシードライバーは日勤か夜勤のみの勤務で済むため、長時間拘束による身体的な疲労を軽減することができます。

横浜無線には、お子さんがいる女性のドライバーが在籍中です。そんなママさんドライバーが育児と仕事を両立できるような、休みを取りやすい環境作りに力を注いでいます。

子供を抱くお母さん

休日は家族と過ごせる

横浜無線では一か月前に希望を提出することで、週休二日のシフトをある程度自由に決めることが可能です。

そのためお子さんがいる方はもちろんのこと、家族との予定を合わせやすいため休日に家族団らんを楽しむことができます。仕事のストレスを発散するためにも、家族との触れ合いは大切なことでしょう。

おわりに

横浜無線ではママさんドライバーの採用に力を入れているため、日勤、土日休みや時短勤務対応など、ご家族や小さいお子様がいらっしゃる方には嬉しい選択肢が沢山ございます。

そのため家族と過ごせる時間が確保しやすく、休日などを一緒に過ごすことができます。横浜無線グループは、家族との時間をなるべく優先できる職場が良いという方にはおすすめの職場です。

ぜひ、横浜無線グループでタクシードライバーになってみませんか?

 

横浜無線グループ採用ページ:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen_men/

横浜無線グループ女性採用特設ページ:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen/