最近「保活」という言葉が使われるようになってきました。横浜で保活に悩んでいらっしゃるママさんも多いのではないでしょうか。

今回は保活について軽く触れながら、横浜無線の企業内保育園をご紹介していきます。

園児を抱っこする保育士

オリーブ保育園は横浜のタクシー会社「横浜無線グループ」が母体の無認可保育園です。企業主導型の保育園ならではの、ドライバーはもちろん、子育て中の保育士も!従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう手厚いサポートがあるんです♪

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

そもそも保活ってなに?

保活」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。職場復帰を目指すママさんには始めようとしている方もいるかもしれません。そんな保活についてご紹介していきます。

保活とは

保活とは「保護者が子供を保育園に入園させるために行う活動」のことを言います。

保活の主な活動としては、保育園についての情報収集です。地域の保育園それぞれの入園させるための選考基準や、保育園の特徴などを保育園の入園申し込みが始まる前に知っておく必要があります。

良い条件の保育園に子供を入れるためには保活がとても重要になってくるでしょう。

認可保育園と認可外保育園

国が定めた認可基準を満たし都道府県からの認可が下りている認可保育園は、常に入園枠がいっぱいになる可能性が高く入園させることが難しい状況にあります。認可外保育園は入園するための条件などは厳しくなく比較的申し込みやすいですが、認可保育園に比べ保育料が高くなってしまうことが多いです。

就職も保育園も横浜無線で解決

保育園の入園や再就職のことで悩んでいるママさんを、横浜無線であれば一気に解決することができます。横浜無線のママさんのための取り組みについて、ご紹介します。

横浜無線の企業内保育園

横浜無線には3か所の企業内保育園があり、従業員であれば子供を預けることができます。

その保育園の驚くべきポイントは「保育料が無料」なことと「何も持参する必要がない」ことです。横浜無線の保育園では何人でも無料で預けることができ、タオルなどの必要なものも保育園が準備するため余計な費用が掛かることがありません。

『認可保育園は条件が厳しいし、認可外保育園は保育料が高くて』と悩んでいるママさんには打ってつけの保育園になります。

働くママにやさしい環境

横浜無線では、たくさんのママさんが活躍中です。社員の多くが同じ環境のため、子供さんの具合が悪くなったときに「休みづらい」と気負うことなく休むことができます。

さらに、勤務の日以外に子供を預けることができる制度を導入しているため、子育てが忙しいママさんでも安心して働きつづけることができる環境が整っています。

おわりに

人口の多い都市ほど、保活は大変なことが多くなってきます。横浜無線では、そんな保活に悩むママさんのための制度が充実しています。ママさんも子供さんも一緒に、横浜無線で充実したライフを送りましょう。

詳しいことは下記サイトに載っているので、ぜひご覧ください。

 

横浜無線グループ女性採用特設ページ:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen/

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)