渋滞に巻き込まれ、無駄に時間がかかってしまうことがありませんか?横浜には渋滞しやすい道が多く、抜け道を知っていないと渋滞から抜け出すのに苦労します。

この記事では混雑しやすい道と、抜け道、裏道の探し方をご紹介します。

笑顔のタクシードライバー

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

 

渋滞の起こりやすい道路

以下で渋滞の起こりやすい道と、その回避に使える周辺の迂回路について解説していきます。

東名高速道路

日本の渋滞ワーストランキングにも入る程、交通量の多い高速道路で、大和トンネルを先頭に平均16kmも混雑します。

新東名・圏央道を活用して、厚木南IC~伊勢原JCT間を通ることで渋滞に巻き込まれる時間を少なくできるようです。

〒194-0015

保土ヶ谷バイパス

横浜市の中心部から、川越、八王子、町田方面に伸びる国道16号線のバイパスです。新保土ヶ谷インターチェンジでは国道1号線横浜新道へつながっています。

また、上川井ICから大和バイパス、横浜町田IC東名高速道路と接続されています。

片側3車線で主要区間の制限速度が時速80キロにもかかわらず、通行料金が無料であるため交通量が多く、主に通勤時間帯に渋滞が発生するようです。

港北〜横浜青葉を一般道経由で迂回することが出来ます。

抜け道・裏道の探し方

こういった抜け道を探すにはどうしたらいいのでしょうか?裏道を探すコツを確認していきましょう。

車の流れに着目する

渋滞時、道幅の比較的狭い道路まとまった数の車が入っていくのを見かけたら、その道が裏道、抜け道である可能性が高いです。

地図アプリやナビで行き先を確認して、抜け道がないか探してみるのが良いでしょう。

タクシーを尾行する

渋滞が発生しているとき、空車のタクシーが脇道にそれるのが見えたら、後を追いかけてみましょう。

乗客を乗せたタクシーは、無理に渋滞を回避する必要がない場合が多いですが、空車のタクシーは集客のため急いで人気の多い場所へと向かってることがほとんどです。

タクシー運転手は日頃から様々な道を走るので、どの道の交通量が少ないか覚えている方も多いです。

そのため、裏道を通って渋滞を回避しようとしている場合が多いので、抜け道を発見できる可能性が高いです。

また、タクシーは進入禁止の道路に入る許可を取っていることもあるので、一般車両が通れる道なのか確認するようにしましょう。

空を見つめる女性

おわりに

いかがでしたでしょうか?横浜無線グループでは地域の道に詳しいタクシードライバーも多く在籍しております。横浜でタクシーをご利用の際はぜひ横浜無線タクシーをご利用ください。

横浜無線グループ公式サイト:https://shouei-group.net/

電話番号:045-753-2100

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!