ドライバー同士の無線から聞こえる知らない単語。何を言っているのか知りたくなったことはありませんか?

この記事ではドライバーの間で使われるようなタクシー用語をご紹介していきます。地域によって使用される用語は異なりますが、知っておくと役に立つ場面があるかもしれません。

指差しをする女性社員

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

知ってたらタクシー通!業界用語5選

知っていれば、あなたもタクシー通になれる業界用語を5つピックアップして紹介していきます。簡単ですのでぜひ覚えて役立ててください。

側乗(そくじょう)

研修中の乗務員と指導運転者が同じタクシーに乗務して直接教示することを差します。

研修の最終段階で、これをこなせば正式なタクシー乗務員として働くことが出来ます。側乗教習と言った使われ方もするので、新人乗務員にとっては非常に緊張する場面です。

付け待ち

駅などの近くに設置されたタクシープール、タクシー乗り場などでお客様を待つことを指します。

付け待ちは場所によってお客様を乗せやすい場所、乗せにくい場所があり、回転率を上げてより多くの利益を出すにはドライバーの腕と経験が問われます。

配車室(はいしゃしつ)

お客様からのご連絡を受け、迎車の注文や予約を処理する場所です。

ここから乗務員に待機時間や場所などの情報が伝えられます。近年ではGPSを利用した配車システムなど技術の進歩で効率的に配車依頼を受けることができるようになっているようです。

横浜無線ではタクシー需要予測システム 『ベスト・ワン・ウェイ(B・O・W)』を利用し、初心者でも指示通りに走るだけで売上が上げられるような環境を整備しています。

タクシー車両

無線を取る

無線で配車の依頼を受け取ることを言います。ただ無線に応答するだけを差しているのだと勘違いしてしまいそうな言葉ですね。

夜警(やけい)

夜の間だけ勤務する乗務員、事務員を指します。夜勤をタクシー業界用語に言い換えたような言葉です。同じ意味でも業界によって呼び方が変わるのが面白いですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回覚えた業界用語が聞こえないかドライバーの会話や、無線から聞こえてくる声に耳を澄ましてみてください。

聞ける場面は少ないかもしれませんが、きっと乗車時間が楽しくなることでしょう。また、横浜無線タクシーではご予約を24時間、下記電話番号から受け付けております。横浜でタクシーをご利用の際は、ぜひ横浜無線タクシーをご利用ください!

横浜無線タクシー電話番号:045-753-2100

横浜無線グループ公式ホームページ:https://shouei-group.net/company/

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!