タクシードライバーは長距離運転をする仕事です。長い時間同じ姿勢で運転を続けるというのは、肉体的にも精神的にも疲れてしまいます。

以下では、タクシードライバーが実際におこなっている疲れを減らす方法を紹介します。

ピースをする女性タクシードライバー

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

精神的疲れを減らす方法

長距離の運転をする事により、精神的ストレスが溜まり疲れを感じる人は多いと思います。以下では、精神的なストレスを和らげる方法を紹介します。

様々なストレス

コーヒーを飲みましょう

コーヒーは精神的な疲労を和らげる効果があるそうです。しかし、飲み方を間違うと逆効果になってしまいます。カフェインの1日あたりの摂取量は500mlと言われていて、大体5杯が目安です。

また、毎日カフェインを摂取すると逆にストレスを増加させる危険があります。たまにはコーヒーを飲まない日を作る事も大切です。

シャワーを浴びる、湯船につかる

シャワーを浴びると体がリフレッシュされて精神的疲れと精神的疲れを和らげてくれます。タクシー会社にはシャワー室がある事が多いです。時間がある時は一度会社に戻り、シャワーを浴びると体も気持ちもリセットされて疲れも取れます。

また、家ではゆっくり湯船に浸かりましょう。体の芯まで温める事で血液循環が良くなり疲労回復につながります。

肉体的疲れを和らげる方法

タクシードライバーは長時間同じ姿勢で運転するため、体の疲れが出やすい仕事でもあります。

以下では、肉体的な疲れを和らげる方法を紹介します。

こまめに休憩する

タクシードライバーは、労働時間により決められた休憩を取る事が義務付けられています。

タクシー・ハイヤー運転者の労働時間等の改善のための基準

引用:厚生労働省

この時間を有効的に使い、こまめに休憩を取りましょう。短い時間でも、シートを倒して体を休めるだけで効果があります。また、仮眠を取るのも効果的で、長い時間では無く10〜15分くらいの短い睡眠を取りましょう。

シート、背もたれの位置を見直しましょう

シートと背もたれの位置を見直して、自分が一番座りやすい位置に調整しましょう。腰をサポートする補助クッションや、首を固定するネッククッションなどの便利グッズを利用して、ストレス無く運転しやすい環境を作りましょう。

ストレッチをしよう

同じ姿勢をしていると血流が悪くなり、体が疲れやすくなってしまったり、腰痛になる事があります。

休憩中などに、外の空気を吸いながら簡単なストレッチをするだけで、体の疲労を和らげてくれます。

笑顔の女性社員

おわりに

長距離運転をするタクシードライバーがおこなっている、疲れを減らす方法を紹介しました。自分の体を大切にして、疲れをしっかり取り、最適な状態で仕事に取組ましょう。

横浜無線グループでは、ドライバーの事を考えた労働時間や環境整備をおこなっています。タクシードライバーを目指している人は、一度ホームページをご覧になって見てください。

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

研修中も給与が支給される安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!