みなさんは道を覚えるのは得意でしょうか?複雑で入り組んでいる道が多い地域の方や、引越しや転勤してきたばかりの、まだその土地に慣れていない時などは、目的地まで行くのになかなかたどり着かずに苦労した、そんな経験をお持ちの方も多いかと思います。

この記事では、横浜無線のタクシードライバーがおすすめする、効率的な道の覚え方をご紹介します。

タクシーを運転する女性ドライバー

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

タクシードライバーが教える道の覚え方

我々ドライバーが普段行っている道の覚え方を5つ、順を追って解説していきます。

実際に走ってみる!

まずはじめに、覚えたい道を車で実際に走ってみましょう。タクシードライバーとして働いている方は流しの営業をしつつ、担当エリアを覚えます。

大きな駅、よく使われるホテルまでの道のり、観光スポットなど、その土地ならではの特色を交えて関連付けると道も覚えやすくなるはずです。

繰り返し車で走る!

だいたい大まかに道を覚えたらよく行くエリアや、覚えられない複雑な道を繰り返し走りましょう。タクシードライバーの方はこの場合も流しの営業をしながらできます。

人は反復することで、記憶を忘れにくくより強固なものに出来ます。慣れるまで何度も繰り返すようにしましょう。

大通りや交差点などの名前を覚える!

「国道16号線」などのように、幹線道路線路には名前がついています。地元の有名な道だけでもいいので覚えるようにしましょう。

青い案内標識にも道の名前が書かれており、知らない道に出たときにも道の名前を覚えていれば、知っている道に出るための手がかりになります。

街を歩いてみよう!

車で街を走るのは景色が速いスピードで流れてしまうため、細かなところまで覚えるのは難しいです。

そのため、徒歩や自転車などで細かな路地や覚えているか不安な道を少し散策してみましょう。

止まってゆっくりと道を確認できるので、今まで気づかなかった抜け道や、覚える手がかりとなる目印を見つけられるかもしれません。

頭の中に地図を作る!

ある程度道を覚えたら車を走らせつつ、自分の今走っている道とつながる道を思い描いてみるとよいでしょう。頭の中で地図を作るようなイメージで、車の動きをシュミレートします。

思い描いた地図に主要な施設や、目印となる観光スポットなどを置ければ、ほぼほぼ道を忘れることはないでしょう。

神奈川県の地図

 

おわりに

以上、タクシードライバーが実践する道の覚え方をご紹介しました。みなさまのご参考になれれば幸いです。

横浜でタクシーをご利用の際はぜひ、横浜無線タクシーをご利用ください。

横浜無線グループ公式ホームページ:https://shouei-group.net/

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!