横浜でタクシードライバーとして働くためには『地理試験』というものに合格する必要があります。

地理試験とはそもそもどのような試験なのでしょうか。今回は、地理試験の内容などについて詳しく解説していきます。

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

地理試験とは

地理試験とは東京都、神奈川県、大阪府の指定された一部地域で、タクシードライバーとして働くために必要な地理についての知識があるかどうかの試験のことです。

試験は各地域を管轄しているタクシーセンターで行われています。

地理試験の問題内容

地理試験では「地理」の科目と、平成27年から新たに追加された「法令、安全及び接遇」の2つの科目をマークシート形式のペーパーテストで行います。

地理の科目の問題内容としては「地名、道路の名前、有名な建造物の名前、公園、名所、駅の場所」などが全部で40問出題されます。合格基準としては40問中32問以上(80%以上)正解となっています。

法令、安全及び接遇の科目では「タクシー業務適正化特別措置法、道路運送法、その他の関係法令、当該指定地域における交通事故の発生状況、交通事故の防止及び事故発生時の措置について、タクシーの運転者の基本的な心構え及び接遇、高齢者・障害者等の乗車時の対応、降車等におけるタクシー運転者の対応」について出題されます。

こちらは計45問出題され、合格基準は45問中36問以上(80%以上)正解となります。

地理試験の合格率は約50%と言われており、一回での合格は難しいとされています。

地理試験による効力

地理試験の合格後、合格通知書が発行されます。有効期限は合格した日から2年間となっています。

タクシードライバーとして勤務している間は、2年経過後に再度受験する必要はありません。タクシードライバーを辞めてしまった場合などに、辞めた日から2年間の有効期限になります。

横浜地域での地理試験について

試験会場

一般財団法人神奈川タクシーセンター運転者研修所教室

試験の科目別受付時間(祝祭日を除く)

(1)法令、安全及び接遇

月曜日 受付時間    午前9時00分から午前9時20分

    試験開始時間    午前9時30分(試験時間は60分間)

(2)地理

月曜日 受付時間    午後1時00分から午後1時20分

試験開始時間 午後1時30分(試験時間は60分間)

金曜日 受付時間    午後2時00分から午後2時20分

試験開始時間 午後2時30分(試験時間は60分間)

詳しくは掲載元(神奈川タクシーセンターHP)までhttp://www.kanagawa-tc.or.jp/driver/examination.html

おわりに

地理試験の合格はハードルが高いものになります。そのため横浜無線では試験のための丁寧な研修があり、未経験からのスタートでも一回で合格することが可能です。横浜無線でタクシー運転手を目指しましょう!

横浜無線グループ採用ページ:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen_men/

横浜無線グループ女性採用特設ページ:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen/

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)