タクシードライバーを含め、長時間の運転が必要になる仕事では、必要な対策を取らないと「腰痛」「目の病気」などの職業病にどうしてもなりやすい傾向があります。

今回は、腰痛と目の病気になる理由と、職業病を回避する方法を横浜無線のドライバーがご紹介いたします。

腰痛を抱えた女性

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

腰痛になる理由と回避方法

タクシードライバーに限らず、長距離ドライバーの悩みとして多いのが腰痛です。

トラックの長距離ドライバーで、100人に仕事が原因で腰痛になった人を調査した所、72人が「なった事がある」と答えたそうです。

理由としては、間違った姿勢無意識にとっている姿勢を長時間続けることで、身体に負担をかけ、血行不良によって腰痛を引き起こしてしまうそうです。

腰痛を抑える方法

腰痛を抑える方法としてまず大切なことは、正しい姿勢を意識することです。

意識するポイントとして簡単なことは「座面、背もたれ、ヘッドレスト、ハンドルの位置」を調整することです。

体に負担がかからない場所に位置を合わせることで、腰の負担を和らげる事ができます。

次に、こまめに休憩を取る事です。体を休めることにより、負担を最小限に抑えることができます。休憩中に、ストレッチをすると尚効果的です。

目の病気になる理由と回避方法

長時間の運転をしている人で、多いのが「ドライアイ」になることです。精神集中が必要になる仕事なのでまばたきが少なくなり、ドライアイになりやすいと言われています。

以下で、対処法を説明します。

ドライアイになりにくくするための対処法

できるだけ目に負担をかけないようにするには

「適度な休憩を取ること」「エアコンの風邪を避けること」「目薬をさして、目を乾燥させない事」です。

上記の三つを実践するだけで、ドライアイを予防する事ができます。

それでも目に不調を感じる人は、定期検診を受けることをおすすめします。

専門医のアドバイスと治療を聞くことで症状が軽くなり、運転が楽になれば快適に仕事をすることができると思います。

おわりに

長時間運転するタクシードライバーは、腰痛や目の病気になることが多いです。

一番の解決策は、こまめに休憩をとり負担を和らげることです。横浜無線グループでは、ドライバーの方の体調管理を考え、しっかりと休憩を取って頂いています。

タクシードライバーを目指している人は、横浜無線グループで働く事をおすすめします。

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

研修中も給与が支給される安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!