皆さんもタクシーを一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

タクシーはバスなどの公共交通機関に比べてちょっと金額が高いイメージがありますが、運転するタクシードライバーのお給料はどのくらいなのか、どんな仕組みで売り上げを上げているのかをご紹介していきます。

ピースをする女性タクシードライバー

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

公共交通機関に比べてタクシーが高い理由

なぜ公共交通機関に比べてタクシーは金額が高いのでしょうか?ここでは、公共交通機関とタクシーの売り上げの仕組みを比較しながら解説していきます。

クエスチョンマークの女性

公共交通機関の売り上げの仕組みとメリット

公共交通機関は決められた区間を多数の乗客を乗せて運行することにより1人当たりの金額負担を少なくしながら売り上げを作っています。

公共交通機関は負担する金額が少なく、決められた時間に決められた本数運行しているため、目的地に到着する時間が把握できる点がメリットです。

また、電車を利用する場合道路の混雑状況に影響されないので、タクシーを利用するより早く目的地に到着することができます。

タクシーの売り上げの仕組みとメリット

タクシーは、少ない乗客を乗客の目的地まで送り届けることによって売り上げをつくっています。

そのため乗客1人あたりの負担額が大きくなってしまいます。反面、決められた区間の移動に限られている公共交通機関に対して、目的地を指定できることがタクシーを利用するメリットとなります。

また、ほとんどの公共交通機関は深夜帯運行していないため、深夜の移動手段としても優れています。

タクシードライバーの年収はどれくらい?

神奈川県のタクシードライバーの平均年収は約394万円!

株式会社交通新聞が出した2018年度の神奈川県のタクシードライバーの平均年収は約394万円で全国の平均年収は約348万円といわれています。https://www.kotsu.co.jp/service/publication/newspaper/

地域や会社によって給与形態は異なりますが、タクシー業界全体の歩合率平均は50%60%といわれており、たくさんお客さんを乗せることができれば、ご自身の希望年収を越すことも十分可能です。

横浜無線グループなら日勤で500万、夜勤で700万以上も可能!

横浜無線グループでは、独自のAI需要予測システムを利用することによって、未経験の方でも長年経験を積んだベテランドライバー並みの集客力を手にすることができます。そのため、日勤のみ、夜勤のみ、という勤務形態でも「稼げるドライバー」になることができるのです。

時給制で安心

横浜無線グループでは女性でも安心の完全時給制を採用しており、朝6時から夜6時までの間での8時間勤務が目安となっています。昼間勤務のみ夜勤なしで夜間運転の恐怖もありません。

さらに、二種免許取得の費用も無料で、教習中や教育中も給与が支給されます。

おわりに

横浜無線グループでは、男性はもちろん女性でもタクシードライバーを目指すことができますよ! お子様がまだ小さく、なかなかお仕事に手を付けられない女性でも安心の働きやすい環境になっていますので、ご興味のある方は下記採用サイトをご覧ください。

横浜無線グループ採用サイト:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen_men/

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)