タクシードライバーは、目的地までお客様を安全にお送りすることが業務になります。ですが、その業務の中で様々なトラブルが発生してしまうことも念頭に置いて日々の業務に当たりましょう。

今回は、なぜタクシーでトラブルが起きてしまうのかを考え、タクシードライバーが直面するトラブルとその対処法を紹介していきます。

タクシー乗り場の看板

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

タクシーはかなり特殊な空間である

車内はほぼ密室であり、お客さまと接する時間は目的地までの距離に比例して長くなっていきます。

お客様は普段、同じ車に他人が乗っているという状況をあまり経験されていない方がほとんどです。密室だから話せることがあるのも理解できますが、ヒートアップしてしまうこともあり得ます。

そのような場合の防犯対策として、車内にクリア板やドライブレコーダーをつけている車両がほとんどですので安心です。横浜無線では、さらにGPS連動でセコムと提携していますので、防犯対策もバッチリです。お客様との間には丈夫な間仕切りがあり、行き来はできませんので安心してお仕事をしていただけます。

運賃を払おうとしない、払わない

お客様を目的地に送り届けた後も安心はできません。清算時の運賃踏み倒し乗り逃げによってトラブルになることもあります。

最短距離で送り届けても何かとクレームをつけて料金を踏み倒そうとしたり、財布を取りに行ったきり戻ってこないことなどが考えられます。

まずは焦らずに冷静な対応を

クレーマーは時として理不尽かつ非合法なサービスの強要する場合があります。冷静な判断と対応を心がけ、一刻も早く事態を収束させるよう努めましょう。

財布を取りに行くなどの行為に対しても安易に受け入れるのではなく、何らかの形で保険を掛けることが重要になるでしょう。

目的地や経路を間違えてしまう

ドライバー側のミスにより起きてしまうトラブルです。特に急ぎのお客様の場合だと事態は深刻化することが考えられます。

最短経路を少し外れたということなら取り返しも付くかもしれません。しかし高速道路などの戻れない場所は取り返しのつかないことになりかねません。時間に関する問題は他の要素で解決できない可能性があるのです。

トラブルを未然に防ぐ知識とテクニック

前提として、地理や道を正確に把握することが必要になります。お客様に自然に道があっているか確認をとることも事態を起こさないようにするためのテクニックになるでしょう。

トラブルを起こさないタクシードライバーに

タクシーでトラブルが起きてしまう要因とよくあるトラブルと対策までの話をしてきました。横浜無線では未経験者でも普通免許を持っているだけで、トラブルが起きても解決できる一流のタクシードライバーになれる教育プログラムを行っています。

横浜無線の詳しい情報が知りたい方は下記のURLからご参照ください。

横浜無線ホームページ→https://shouei-group.net/company/

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)