長距離運転や渋滞にはまってしまった時など、運転中に襲いかかってくる眠気と戦ったことのある方は多いのではないでしょうか?今回は、横浜無線のタクシードライバーがおすすめする、運転中の眠気を覚ます方法をご紹介します。

居眠り運転をして事故を起こしてしまってからでは、遅いです。事故を起こす前に、眠気を覚ます方法を知っておきましょう!

首をかしげる女性

眠気を覚まして安全運転第一!

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!

タクシードライバー必見眠気覚まし方法

タクシードライバーの仕事の悩みの一つとして、運転中の眠気があります。

十分な睡眠をとっていても、日中眠くなることもありますよね。また、基本的に、深夜の勤務が多いので、どうしても眠くなってしまうこともあると思います。しかし、居眠り運転などをして事故を起こしてしまっては、元も子もありません。

では、どのようにして眠気を覚ませば良いのでしょうか?運転中の眠気を覚ます簡単な方法を3つご紹介します。

1カフェインを摂取

眠気覚ましの代表的な物といえば、カフェインを摂取する事です。

カフェインは、脳を覚醒させて集中力を高める効果があります。「コーヒー」「緑茶」「紅茶」「ココア」「エナジードリンク」「カフェイン入りのガム」などで効率良く摂取しましょう。

しかし、カフェインは刺激の強い成分であるため、過剰摂取は身体に悪影響を及ぼすので注意しましょう。

2アゴを動かす

仕事や車を運転しているとき、もし眠くなってしまったら眠気覚ましとしてガムを噛むという方も多いのではないのでしょうか。

噛む事で脳を刺激し、血液循環が促進する事で脳細胞の動きを活発にさせるので、脳が覚醒し、頭が回るようになります。ガムを噛んで眠気を解消するのは効果的です。

ミント味のガムなどは頭がスッキリします。固めのグミやせんべいなども効果的です。

3眠気に効くツボ

合谷という眠気や肩こりに効くツボを押してみましょう。

合谷は人差し指と親指の間の水かき部分にあります。外側から押していって痛みを感じる部分を3秒ほど指圧してみましょう。これを両手に3回ずつ繰り返します。ぜひ、眠気を感じた場合はツボを押してみてください。

おわりに

以上、タクシードライバーが教える運転中の眠気を覚ます方法を3選ご紹介しました。

是非、参考にして頂ければと思います。横浜無線グループでは、タクシードライバーの正社員を募集しています。興味がある方は、ぜひ見てみてください。

横浜無線グループホームページ:https://shouei-group.net/company/

横浜無縁グループ採用ページ:https://recruithp.xsrv.jp/yokohamamusen_men/

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)