お客様を目的地まで運ぶタクシードライバー。長距離を運ぶこともあるので、お客様が過ごしやすい車内環境を整えるためにも技術が必要です。

この記事では、そんなタクシードライバーが日頃から実践している運転テクニックをご紹介します。

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

安全運転のために気をつけるべきポイント

タクシーを運転する際の最も重要なテクニックはブレーキングです。このブレーキ操作がうまくないと、信号の手前でガクガクと前後に揺られてしまうことや急停車することがあります。

激しい揺れの中では乗せているお客様も、車の中でスマホをいじったり本を読んだりして過ごすのは難しいでしょう。そんな状況を未然に防ぐため、タクシードライバーは普段から運転技術を磨いています。

では、具体的にどんな方法があるのでしょうか。以下で詳しく解説していきます。

ポンピングブレーキを使用

ポンピングブレーキは教習所で必ず習うブレーキの踏み方で、「ブレーキを止まるときに一度だけでなく、数回に分けて踏むことでタイヤのロックを防ぎ、車が停止するまでの制動距離を短くする。」というものです。

このブレーキの踏み方を実践している方も多いと思いますが、丁寧にできないと車はガクガクと上下に揺れながら停止することになります。

では、どのようにブレーキを踏むのが良いのでしょうか。

丁寧なブレーキングも必要

何も考えずに強く数回に分けて踏むだけでは揺れを抑えることは出来ません。コツは最初にブレーキペダルを強く踏んで、ブレーキペダルがロックされそうな素振りを感じたらペダルをほんの少しだけ緩めることです。

あまり大きく緩めすぎないのがコツで、この動作を繰り返し行うことで丁寧なブレーキングが身につくでしょう。

どうしても車体が揺れてしまうとき

慣れないうちはゆっくりとブレーキを踏んでロックされそうになったら少しだけ戻すという方法もあります。この方法だと無理にポンピングブレーキをしなくても停止することが出来るでしょう。

最近の車には、「アンチロックブレーキシステム(ABS)」が搭載されており、緊急時には自動でロックを回避してくれるため、無理にポンピングブレーキをする必要もありません。

おわりに

いかかでしたでしょうか、車の乗り心地を良くするテクニックをご紹介しました。横浜無線グループではこの他にもお役立ち情報を多数配信しておりますので、ぜひご覧ください。

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

研修中も給与が支給される安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!