タクシーで忘れ物をしてしまった!という話はよく聞きますよね。

しかし、いざ自分が忘れ物をしてしまうとパニックになりどうすればいいかわからなくなってしまいます。タクシーで忘れ物をしても焦らなくて済むように、忘れ物をした際の対処法を覚えておきましょう。

ピースをする女性タクシードライバー

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

タクシーで忘れ物をしてしまったらどうすればいい?

タクシーで忘れ物をしてしまった場合の対処法について、順を追って詳しくご紹介していきます。

頭をかかえる男性

領収書(レシート)を確認

まずは、タクシーの料金を精算したときにもらった領収書(レシート)を確認しましょう。タクシーの領収書にはタクシー会社の名称と連絡先の電話番号が記載されています。領収書がないと連絡先が分からなくなってしまうので、普段領収書をもらってもすぐ捨ててしまう人はなるべく捨てないように心がけましょう。

タクシー会社に連絡する

領収書に書いてある連絡先の番号に、電話して確認しましょう。

タクシーでの忘れ物は数日の間タクシー会社で保管されているため、忘れ物をしてから日数が経っていない場合はすぐに見つかるかもしれません。

タクシー会社には同じような問い合わせが多く寄せ得られているので、自分が忘れた物タクシーを利用した日付や時間を明確に伝えられると良いでしょう。忘れないようにメモを取っておくと、効果的です。

領収書(レシート)をなくしてしまった場合

領収書をなくしたりもらい忘れてしまい、利用したタクシーの会社がどこなのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

そのような場合は地域を管轄しているタクシーセンターに問い合わせることで、タクシー会社を探すことも出来ます。それでもわからない場合は、警察に行き遺失物届を提出しておきましょう。

タクシー会社で忘れ物を数日保管した後は警察へ届くので、見つかる可能性があります。

携帯電話を忘れてしまった場合

携帯電話は忘れ物の中でも一二を争うくらい、車内置き忘れが多いです。

携帯電話を忘れてしまったら、まずはすぐにお近くの公衆電話や自宅の電話、ご家族などの携帯を借りて、自分の番号に何度もかけてみましょう。

呼び出し音で運転手が気付いたり、他の人が拾っていた場合は電話に出てくれることが多いです。電話をかけても誰も出ないときは、上記の手順で対処するようにしましょう。

おわりに

タクシーを降りる際には、乗務員から「お忘れ物にご注意ください」などの声がけや、乗務員の目視での車内確認などがありますが、急いでいる際やシートの隙間に挟まってしまったりと、いつイレギュラーな状態で忘れ物をしてしまうかはわかりません。

もしもの時のために対処法を知っておくことは、大切なものを手放さないためにとても重要なことです。この記事で読んだことを、心に留めておくと良いでしょう。

もし横浜無線のタクシーで忘れ物をしてしまった方や、忘れ物をしてしまい横浜無線に心当たりがあるという方は、電話またはお問い合わせフォームよりご確認ください。

横浜無線TEL:045-753-2100

お問い合わせフォーム:https://shouei-group.net/contact/

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!