皆さん、「白タク」というものをご存じでしょうか?なんとなくネガティヴイメージのある言葉を知っていても、意味までは知らない、そんな方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は白タクの意味と間違えて利用してしまうことがないように見分け方などについて解説します。

悩む男性

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

「白タク」とは?

「白タク」とは、白色のナンバープレートをつけたタクシーのことを言います。私たちがよく利用する通常のタクシーは緑色のナンバープレートを付けていますよね。

緑色のナンバープレートは、事業用の自動車を意味し、国から営業許可をもらっています。それに対して、白色のナンバープレートは個人用の自動車を意味するため、

営利目的での旅客輸送ができません。国から営業許可をもらっていない白ナンバーでタクシー同様の営業を行っている車両が「白タク」と呼ばれています。

国からの営業許可がないのに、送迎サービスを提供し、対価としてお金を徴収するのは、もちろん違法です。

「白タク」を禁止する法律と罰則

「白タク」の営利目的での旅客輸送や、客引き行為は以下の「道路運送法」によって禁止され、違反者はもちろん罰則が科せられます。

「白タク」を禁止する法律は道路運送法第4条、営利目的で旅客輸送をする場合、国土交通大臣の許可が必要になるというものです。

違反の罰則は、第9条の3年以下の懲役か300万円以下の罰金、又はこれを併科するというものです。

 

「白タク」と通常のタクシーの見分け方

近年「白タク」はアプリを利用して取引しています。また、お得意先のスナックのママなど固定の利用者を運送するため、取り締まりが難しくなっています。

そのため、その数が増加してきています。誤って不正利用しないために、「白タク」と通常のタクシーの見分け方をご紹介します。

ナンバープレートの違い

通常のタクシーは、緑色のナンバープレートです。つまり国土交通大臣から許可をもらっています。それに対して「白タク」は許可がないため違反となります。

そして料金設定も通常のタクシーとはドライバー自身で設定できるため、ぼったくりの被害が多く発生することがあります。

運転手が客引きをしているタクシー

通常のタクシーは、客引きはしませんが、「白タク」は客引きをすることがあります。

タクシーの運転手が客引きをしてきた場合は、「白タク」の可能性があるため利用しないようにしましょう。

悩んでいる女性

まとめ

ご覧頂きありがとうございました。ここで説明させていただいた「白タク」は違法なだけでなく、お客様の身の危険もあるということをご理解いただけたかと思います。

横浜無線グループでは、お客様に安心してタクシーをご利用していただくために、より良いサービスを提供しています。横浜でタクシーをご利用の際は、横浜無線タクシーにご連絡ください。

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!