近年、技術の進歩により自動運転が浸透し始めています。それに伴い、現実味が増してきているのが無人タクシーです。

ドライバーの運転を必要とせず、AIが運転してお客様を目的地まで運ぶというシステムです。とても便利なシステムですが、危惧されるのはタクシードライバーという職業がなくなってしまうことです。

今回は、自動運転のメリットとデメリット、自動運転の普及についてご紹介します。

横浜無線グループは、小笠原流礼法に基づいた接客対応や障がい者への介助スキルの習得など、お客様の満足度向上のために接客対応の独自サービス化に努めております。

優先配車メンバーズ

24時間の予約サービス

上記のようなサービスも行なっておりますので、横浜でタクシーがご入用の際は、ぜひ横浜無線グループをご利用くださいませ!

お問い合わせはお気軽に、ホームページを見たとお伝えください!
【受付時間】月~金(8時~17時) 土曜日(8時~12時)

 

自動運転のメリットとデメリット

ここでは、自動運転のメリットとデメリットについて詳しく説明していきます。

自動運転のメリット

交通事故の減少

自動運転車には常に360度全方位の状況を認識するカメラやセンサーが搭載されており、コンピュータが即座に判断を下し、危険を察知することで回避行動がとれます。そのため、交通事故の減少が期待されます。

渋滞の解消

AIやコンピュータで他車との連携や交通情報を把握して、より最適なルートを選択でき、渋滞の解消が期待されます。

あおり運転などの迷惑運転の解消など

自動運転にシフトさせることで、精密かつ安全な運転ができます。

自動運転のデメリット

問題発生時の責任

自動運転車が事故を起こした場合、事故の責任は運転手にあるのか自動車メーカーにあるのか、はたまたソフトウェアメーカーにあるのかはっきり規定がありません。そのため、問題発生時の責任の所在が問われます。

AIのハッキング

外部からのハッキング攻撃により、多くの事故が引き起こされる可能性が少なからずあります。そのため、自動運転の導入にはハッキングに対応する必要があります。

人間の運転能力の低下など

運転する機会が減り、ペーパードライバーが増えるということが危惧されます。AIやコンピュータが故障し自分で運転しなければならなくなった場合、対応できる運転技術を兼ね備える必要があります。

自動運転の普及

自動運転の普及により引きおこる社会の変化について詳しく説明します。

自動運転の現段階

自動運転レベルは、手動運転のレベル0から完全自動運転のレベル5までの6段階に分類されます。

2020年時点では、主な運転をシステムが行う条件付き自動運転のレベル3、高度自動運転と呼ばれるレベル4の実現に向けて開発が進められています。

無人タクシーの普及

主にタクシーやバスなどの商用車は、自動運転が部分的に搭載されるのは2023年頃だといわれています。

無人タクシーはスマホなどの電子機器から呼ぶことができます。便利にはなりますが、有人タクシーの代わりにはなり得ないとも言われています。

AIではできないサービスやコミュニケーションを有人タクシーにはできるからです。乗車、下車時の細やかな気遣いや、お客様のご要望にお答えするなど、対人での強みを生かしたタクシードライバーはこれからも重宝されていくでしょう。

タクシー車両の前でガッツポーズをするドライバー

おわりに

ご覧いただきありがとうございました。横浜無線グループではお客様を第一に考え、有人タクシーにできるより良いサービスを提供していきます。

アプリでの配車も可能ですので、横浜でタクシーをご利用の際は横浜無線までご連絡ください。

また、横浜無線ではタクシードライバーを募集しています。タクシードライバーへの就職・転職を考えている方は、横浜無線でタクシードライバーを目指しましょう。

横浜無線グループではタクシードライバーを募集しております。

未経験歓迎!性別年齢、学歴だって不問です!幅広い年齢の方、女性も大活躍中です。二種免許取得費用は弊社全額負担!独自のAI需要予測システム【ベスト・ワン・ウェイ】搭載により、未経験でも即ベテランドライバー並みに稼ぐことができるんです。

嬉しい研修中も給与がもらえる安心のバックアップ体制!是非あなたも横浜無線でドライバーデビューをしてみませんか?

更に働く女性には嬉しい、従業員は無料で、しかも手ぶらで利用できちゃう保育園もあるんです♪まずは気軽にご参加いただける説明会も随時開催中です!

横浜無線グループが気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね!